光殺菌治療

光殺菌治療

光殺菌治療とは?

光殺菌(LAD)治療とは?

光殺菌治療とは、その名の通り「光」の作用で細菌を死滅させる治療方法です。医科の世界では1990年から使用されており、例えば早期がんの治療などに用いられていますが、歯科では数年前から普及してきております。特に欧米では抗生物質に代わる殺菌治療として注目を集めており、当院も安全で効果的な治療法の一つとして導入しています。

どのような治療に有効?

根管治療や、歯周病、インプラントの周囲炎などの細菌に有効的です。
どのような治療に有効?

光殺菌治療の特徴

  • 痛みをほとんど感じない
  • どんな細菌でも効果が期待できる
  • 耐性菌もほとんど生まれない
  • 副作用がほとんどない

使用例

  • 根管治療(歯の根っこの中をきれいに殺菌するために使用します)
  • 歯周病(細菌が溜まりやすい歯周ポケットの中を殺菌します)
  • インプラント周囲炎(インプラントの周りに繁殖した菌を殺し炎症を抑えます)

光殺菌治療の進め方

感染部分の除去

感染部分の除去

虫歯の場合は菌に侵されているところをきちんと取り除き、歯周病の場合は歯石を除去します。

光感受性ジェルの使用

光感受性ジェルの使用

光殺菌治療は、ただ光を当てるだけでは効果はありません。まずは照射するところへ専用のジェルを塗ります。

光の照射

光の照射

ジェルを塗ったところへ10秒〜30秒程度光を照射することで、殺菌します。

洗浄

洗浄

ジェルや死滅した菌を洗い流してきれいな状態にします。

top